スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦年金問題

2011.03.11 *Fri
こんにちわ、畠中です。

最近、ニュース等でも話題になっている主婦の方の年金問題。
もともとは1986年の法改正の際、収入のないサラリーマンの妻等の救済のため、これまで任意で加入する事ができた国民年金に「第3号被保険者」として強制加入される事となりました。この「第3号被保険者」制度により、サラリーマンの妻等の方は原則として年金を納めることなく国民年金の被保険者になった訳です。

ここで「専業主婦」と言わずに「サラリーマンの妻」と表現しているのは、たとえ専業主婦であっても自営業者の妻等は第3号被保険者になれないから。つまり、第3号被保険者は専業主婦全体をカバーしているわけではないのです。

サラリーマンである夫が脱サラや失業により会社を辞めた時、その配偶者である第3号被保険者の方は年金の納付が必要な第1号被保険者に切り替わるため、切り替えの手続きが必要です。しかし、切り替えをしていない専業主婦の方が100万人以上いるとみられているそうです。たしかにそれだけいれば何らかの救済策が必要のように思います。しかし、今回問題になったのは①これだけ重大な問題を課長通達で済ませた事②過去2年間の年金を納付すれば過去に遡って納付した事にする、という救済策があまりに不公平、という2点だと思います。
 特に②は、きちんと切り替えを済ませて何年間も年金の納付をしていた方とのバランスは元より、切り替えはしていたけど経済的事情により年金を一部免除して納付していた方と比較して、将来支給される年金額が多くなってしまう等の問題もあり、施行される前にもうちょっと内容を精査する必要もあったのでは?と思います。

今回の救済策は8日付で廃止され、現在は新たな救済策が練り直されているようですが、その中身は

①切り替えをせずに未納となっている期間をカラ期間とする。
 (カラ期間=年金が支給されるには25年以上の被保険者期間が必要ですが、その被保険者期間としては計算するけど実際に支給される年金額には反映されないよ、という期間です。)
②保険料の未納部分は本来過去2年までしか遡って追納できないけど、今回のケースでは制限なく追納できる。

といったもの。以前の策と比べると、かなり不公平感が取り除かれたように思います。
いずれにしても、こういった救済策はきちんと切り替えをしていた人にとっては大なり小なり不公平感を感じるものになってしまいます。それでも、できるだけ公平に感じるようなきれいな解決策を期待したものです。
スポンサーサイト
CATEGORY : 年金

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

社労士試験の勉強において、一切のムダを省いた超効率的な勉強法を実践すれば、最短で社労士試験に合格することは可能です。“テキストを必死で読み漁り、暗記する”時代遅れの勉強法はいますぐ止めて“ムダを省いた、超効率的な勉強法”を手に入れ、合格という最大の喜び...
2011/03/13(日) 20:41:04 | 社労士試験に一発合格!最短・最速勉強法 [Del

プロフィール

どんとこい!社労士

Author:どんとこい!社労士
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
その他 (8)
労災 (5)
保険 (6)
労働問題 (10)
労働基準法 (0)
助成金・奨励金 (3)
年金 (7)
震災 (23)
雇用保険 (5)
労使協定 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © どんとこい!社労士 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。